« 夜の散歩道 | トップページ | CDについての連絡 »

2007年2月 1日 (木)

残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のテーゼ/FLY ME TO THE MOON

いい曲ですね。エヴァンゲリオンの主題歌です。
この歌も10年以上前になるのか・・・と思うと早いものです。

当時カウントダウンTVで、たしか2位に入って
「意外な曲がランクイン!」というナレーションが入っているのを
ちょうどテレビで見ていました。

CD自体は、100万枚くらい売れたみたいです。
「1万枚売ればオリコントップ10に入る」という、いまの状況から
考えると物凄い売り上げですね。

歌手が高橋洋子、エヴァの監督が庵野秀明だとか、そういう名前は
好きな人なら知っているんじゃないかと思います。
でも案外、この「残酷な天使のテーゼ」を作曲したのは誰か?
というのは周りに聞いても知らない人が多いみたいですね。

この曲が出た90年代後半は、CDバブルのピークで
小室哲哉がヒット曲を量産していましたが、
エヴァのようなアニソンのジャンルにも小室哲哉のような
ヒットメーカーがいました。

それが「残酷な天使のテーゼ」を作曲した佐藤英敏という人です。

ほかにどんな曲を書いたか、検索すればたくさん出てくると思います。
個人的には、あの時代にヒットを量産したという意味において
表の小室哲哉、裏の佐藤英敏だと思っていますが(笑)

ただ残念なことに、好きな作曲家なのですが、
ファンサイトらしきものがネットにほとんど見当たりません。
ご本人に関する情報というのも、あまり出てきませんでした。

JPOPの場合、曲を誰が書いているか?あまり注目されないケースが
多いように思います。
このあいだMORA(iTuneのような音楽配信サービス)で
ある女性ソロ歌手の新曲を購入したのですが、
作曲家の名前がクレジットされていませんでした。

ネット配信では残念なことに
きちんと作曲家の名前を載せていないケースが多いみたいですね。

プロモーションビデオでも、歌手やレーベルのクレジットは出ますが
作曲家の名前は出ません。
ラジオでも音楽を流すときに作曲家の名前を紹介したりは
しませんよね。

メタラーの習性で、いい曲に出会うと誰が曲を書いたか
とても気になるので(笑)
やっぱり名前は載せて欲しいなと思います。
メタルの場合、バンドで誰が曲を書いたかというのが重要で、
リスナーが大体みんな知ってるんですよね。

たとえば「EAGLE FLY FREE」はヴァイカートが書いたとか、
「I WANT OUT」はカイの曲だとか、
同じバンドの楽曲であってもそれぞれ誰の作曲かチェックする。

周りのメタラーを見ても、音源の良し悪しに敏感ですが、
メンバーのルックスとかはあまり気にしないんですよね(笑)

ただ、逆に言うとメタラーは
ギターソロやドラムのフィル、リフの構築やツーバスの踏み方まで
厳しくチェックするので(笑)
作る人にとっては大変な音楽かも知れませんね。

話題がメタルにそれましたが、
作曲家の名前(とくに職業作曲家の名前)を
もっとメディアで出していくというのは悪いことでないと思います。

そうやって、いいメロディーを書いた人の評価が正当に高まって
また全体も盛り上がっていくんじゃないでしょうか。

- posted by REDHEAD -

|

« 夜の散歩道 | トップページ | CDについての連絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71662/5161013

この記事へのトラックバック一覧です: 残酷な天使のテーゼ:

» 残酷な天使のテーゼ / FLY ME TO THE MOON [1-kakaku.com]
言わずと知れた大ヒットアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲として、アニメファンばかりでなく一般層にも知名度の高い1曲。メロディアスでせつないA、Bメロから、4分打のタイトなビートにシンセブラスとディストーションギターがからむハイテンションなサビと、メリハリの効いたノリのいい楽曲だ。聴くだけで「エヴァンゲリオン」のオープニング映像が網膜によみがえる人も多いはず。 カップリングは、アニメのエンディングとしては大胆にも、ジャズのスタンダード曲をアレンジしたもの。高橋洋子の楽... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 12時30分

« 夜の散歩道 | トップページ | CDについての連絡 »