« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月26日 (火)

ミックスの壁が

うーん・・・

プロのCDのような音質にしたいけど、なかなかうまくいきません。

「ギターが打ち込みから生音になれば近づけるかも」

と密かに期待していたのですが、そう簡単にはいかないようです。

口では説明しずらいのですが、

プロのCDはヘッドフォンで聴くとうるさくなくて、でもスピーカーで再生すると

はっきり音が聴こえるんです。

素人がミックスした場合はこれと反対のことが起こります。

つまりヘッドフォンだとやかましく、スピーカーだと音がこもって聞こえます。

なるべくそうならないように色々と試しているのですが、

いまいち手がかりが見つかりません。

ここに書いてあることがヒントになる気はしているのですが・・・

- posted by REDHEAD -

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月24日 (日)

CDの完成時期について

現在制作中の自主制作CDですが、完成時期が延びることになりました。

最終的なパッケージングは11月以降になると思います。

もう作曲は終わっているのですが、そのあとのいろんな作業が

思ったよりも時間がかかりそうです。

もともと何かイベント合わせというわけではなかったので、

タイトなスケジュールで進めるよりは、日程に余裕をもってそのぶん

完成度を上げたほうがいいと思います。

なお試聴曲は1曲できるごとサイトに載せていって、最終的には

全曲試聴できるようにしたいです。

- posted by REDHEAD -

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

作曲が終わりました

自主制作の1stミニアルバム(全9トラックを予定)の作曲が

本日無事に完了しました。

あとはボーカル録りをして、ミックス作業をやれば終わりになります。

ジャケットなど印刷物のことがまだ手付かずなので、CDの出来上がりは

来月になりますが、先に試聴曲をサイトに載せていこうと思っています。

- posted by REDHEAD -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

眠い・・・

先月アップしたデモ2曲をリミックス版に差し替えました。

音をある程度追い込んでみたので、聴きやすくなったかと思います。

アップテンポのハードロックに「Fire」、 バラードに「Withlove」という曲名を

つけてみました。でも「Fire」のほうは曲名が変更になると思います。

まだ仮でタイトルをつけてるだけなので・・・

『お前の夢が覚めるまで』とか、全然違うタイトルになるかもしれません(笑)

- posted by REDHEAD -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

FOREVER/STRATOVARIUS

Episode

曲名:FOREVER(フォーエバー)

アーティスト:STRATOVARIUS(ストラトヴァリウス)

収録:EPISODE(エピソード)

 

STRATOVARIUSのFOREVER。

バラードですが、イントロからいきなり聴かせてくれます。

室内楽のようなバイオリンの音色・・・心に染みわたります。

この繊細なタッチは、打ち込みなどではなく

生でレコーディングされたもののように思います。

Aメロの歌い出しから絶品。

声をかすれさせる(ちりめんビブラート?)宇多田ヒカルや平井堅とかが

よくやるテクニックですね。

ヘッドフォンで聴くとよくわかるのですが、ところどころに

アコースティックギターの「キュッ、キュッ」というフレットノイズが

入っていて、とても生々しいです。

まるで側でギターを弾いてるかのよう。

Aメロの繰り返しで、バイオリンがゆっくりと音を刻みはじめ

このあとやってくる展開を期待させます。

そしてすぐにサビへ。

メロディーがよく、声も曲にすごく合っていて、悲しく胸を

締めつけられます。

ギターはコードでリズムを刻みながら、サビの合間でアルペジオを

挟んでいます。シンプルですが即効性のあるアレンジですね。

曲から北欧の冷たさがちゃんと感じられるのも不思議です。

- posted by REDHEAD -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

多忙につき

更新が滞ってすいません。

9/12頃まで忙しく、サイトの更新には手が回りません・・・

また改めて書きます。

- posted by REDHEAD -

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »